このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?続き

このポストは「ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?」の続きです。

前回の投稿で、一定の金額ずつ買った方が、一定の単位ずつ買った場合に比べて、取得単価が下がる事を確認しました。この取得価格の低減が、ドル・コスト平均法が優れているとされる根拠です。

このページでは、取得価格が低いにも関わらず、ドル・コスト平均法が不利になるケースを考えてみましょう。つまり、必ずしもドル・コスト平均法が有利ではないことを示すわけです。

計算のサンプルとして前ページで挙げたパターンA、パターンBを使いましょう。

具体的には、2回に分けて取得した株式を、売却することを考えます。このときに、一定単位ずつ買った方が有利なケースがあることを示したいと思います。これが示せれば、必ずしもドル・コスト平均法が有利とはいえないわけです。

こんなケースではドル・コスト平均法のほうが不利

ドル・コスト平均法が不利になるケースは、次のようなケースです。

パターンAで取得した株を4,000円で売った場合と、パターンBで取得した株を200円で売ったような場合です。具体的に言うと、次のようなパターンです。

パターンA:1回目1,000円円で購入→2回目2,000円で購入→4,000円で売却
パターンB:1回目1,000円円で購入→2回目500円で購入→200円で売却

つまり、株価が単調に上昇した場合と、単調に下落した場合ですね。実際の損益を計算してみましょう。

パターンA

■ ドルコスト平均法を使った場合

1回目:10万円、100株
2回目:10万円、50株
取得額合計:20万円
売却額:4,000円×(100株+50株)=60万円

総額20万円の投資が60万円になっています。つまり、40万円の儲けです。

■ 一定単位ずつ買った場合

1回目:10万円、100株
2回目:20万円、100株
取得額合計:30万円
売却額:4,000円×(100株+100株)=80万円

総額30万円の投資が80万円になっています。つまり、50万円の儲けです。

この場合は、ドル・コスト平均法が有利でないことが確かめられました。

パターンB

■ ドルコスト平均法を使った場合

1回目:10万円、100株
2回目:10万円、200株
取得額合計:20万円
売却額:200円×(100株+200株)=6万円

20万円の投資が6万円になっています。つまり、14万円の損失です。

■ 一定単位ずつ買った場合

1回目:10万円、100株
2回目:5万円、100株
取得額合計:15万円
売却額:200円×(100株+100株)=4万円

15万円の投資が4万円になっています。つまり、11万円の損失です。

この場合は、ドル・コスト平均法の方が損失が大きいですね。つまり、ドル・コスト平均法が機能しない例です。

額で考えるとドル・コスト平均法が損なことも

上で考えたケースも、変化の率で考えるとドル・コスト平均法のほうがパフォーマンスがいいように見えます。パターンAの取得額の平均に対する売却額の上昇率は、ドル・コスト平均法の方がいいですし、パターンBの取得額の平均に対する売却額の下落率も、ドル・コスト平均法の方が小さいです。

取得価格の平均は、ドル・コスト平均法の方が必ず低いので、変化率でドル・コスト平均法が有利なのは当然のことなのです。このことが、ドル・コスト平均法が常に正しいような錯覚を抱かせるわけですね。

しかし、機械的にルールを当てはめた時の金額面での損益という意味では、違った結果になるわけです。つまり、額で考えると、ドル・コスト平均法を使った方が儲けが小さいケースもありますし、損失が大きいケースもあるわけです。

ドル・コスト平均法が無条件に正しいと思っている人は、それを信じて損が大きくなる可能性がある事を認識しておきましょう。少なくとも、一部の投資書の中で言われるほど万能な方法ではありません。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。