このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

高額療養費の見直しは本気?

民主党が高額療養費の見直し作業を進めているようです。

政策上の問題を色々指摘されている民主党ですが、この見直しに関しては評価できるのではないかと思います。

まあ、実際に実現できるかどうかは、今後の成り行きを見ないとわからないですけどね。

約束したけど実行できないというケースも多いようですし。

ところで、高額療養費というのは何かというと、月々の医療費が一定額以上になった場合、それ以上の医療費は免除されるという制度です。

この制度のおかげで、医療費負担が大きくなり過ぎないようになっているわけです。

ちなみに、入院の費用も高額療養費の対象ですから、入院が必要なような大きなケガや病気をした人には心強い制度といって良いでしょう。

検討の内容は?

今回記事になっていたのは、低所得世帯の高額療養費の自己負担の上限を引き下げるというものです。

要するに、大きな病気をした場合でも、毎月の医療費がかかりすぎなくなるのです。

記事によると、次のように想定しているようですね。

年収300万円以下の低所得層で上限額を4万4400円、支給4回目から3万5400円にする

この試算どおりに実行された場合、毎月の医療費が最大44,400円になります。

財源はどうするのでしょうか?

低所得者に高額の医療費を課すというのは、どだい無理な話です。

その意味では、医療費の限度額を引下げるという考え方は、悪い話ではないと思います。

ただ、それほど簡単に実行できるとも思えません。

当然のことですが、患者の負担を減らせば、健康保険の負担が増えます。

健康保険の財政状況がよければいいのでしょうが、現在はそれほど余裕がある状態ではありません。

高齢化が進めば、健康保険の財政はますます厳しくなるでしょう。

そうなったときに、制度を維持できるのかという問題があります。

財源に関しては、知恵を出さないといけないでしょうね。

不公平感の問題も

また、高額所得者の反発もあるものと思われます。

所得が多い人たちは、健康保険の保険料を多く支払っています。

その一方で、今回の試算では、高額所得者の負担上限額を引き上げる事を考えているようです。

つまり高額所得者にとっては、既に沢山の保険料を多く払っている上に、保障が小さくなるのです。

単純に不利な話と言って良いでしょう。

不公平感を感じる人も多いでしょうから、納得を得るのは簡単ではないように思います。

■ <高額療養費制度>自己負担上限額の見直しで新試算…厚労省
http://mainichi.jp/select/science/news/20101028ddm002010111000c.html

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。