このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株式を積立てるデメリット

さて、株式を積立てるデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。とりあえず、投資信託を積立てるデメリットとの共通点が多そうな気はします。

具体的にどんなメリットがあるのか、考えてみましょう。

価格下落のリスクがあるのは大きなデメリット

株式積立のデメリットで、まず思いつくのは、価格下落のリスクがあることですよね。株式積立のデメリットというか、株式投資自体のデメリットという方が正確かもしれませんけど。

ちなみに、これは投資信託積立のデメリットと共通しています。

しかも、株式投資の場合は、投資信託の積立よりもハイリスクだと考えられます。なにせ、最悪の場合には、全く無価値になってしまう可能性すらありますから。そう考えると、かなり大きなデメリットであるという言い方もできるかもしれません。

もっとも、価格下落のリスクがあることを、単純にデメリットという事もできません。というのも、リスクがあるから大きなリターンが期待できるという言い方もできるからです。

大きく儲けようと思えば、リスクを取るしかありません。そう考えると、リスクがある事は、単純にデメリットとも言えないわけです。

「株式るいとう」の手数料は高い事がある

株式積立固有のデメリットというと、手数料の高さが挙げられるのではないでしょうか。

株式の積立てというと、まず思い浮かぶのが「株式るいとう」です。この「株式るいとう」の取り扱いがあるのは、基本的に大手の証券会社だけです。具体的には、大和証券とか野村證券などの証券会社ですね。

ご存知の方も多いとは思いますが、これらの大手の証券会社は、ネット証券に比べて株式の売買手数料が高いことが多いです。また、「株式るいとう」の場合、年3,000円程度の口座管理手数料を取られることもあります。

手数料の高さは投資のパフォーマンスに影響します。真面目に資産運用を考えている人は、手数料にはかなりこだわっているはずです。

その意味では、この手数料の高さは、間違いなく大きなデメリットと言えそうです。月々の投資額が小さい個人投資家の場合は、特に影響が大きいです。

手数料を安くする選択肢も

ちなみに、株式積立の手数料は、大幅に安くすることも可能です。どうすればいいかというと、カブドットコム証券の「ワンコイン積立」を使うのです。

このワンコイン積立なら、口座管理料のような手数料は取られません。また、売買手数料も「株式るいとう」に比べ大幅に安いようです。

分散投資が出来ない

株式の積立でもう一つデメリットだと思うのが、分散投資がしづらいという点では無いでしょうか。これも、株式積立のデメリットいうより、株式投資のデメリットという感じもしますけど。

ポートフォリオ理論によると、分散投資をすることで、リターンを下げずにリスクを小さくすることが出来るとされています。でも、個人が株式積立をする場合、たくさんの銘柄の株を積立てるのはちょっと難しいですよね。

なかなか悩ましい問題であると言えるでしょう。

ワンコイン積立を使うと問題を軽減できるが

ちなみにこれも、カブドットコム証券のワンコイン積立を使うと、「株式るいとう」を使う場合よりは分散投資がしやすいはずです。なぜかというと、ワンコイン積立なら500円から積立てられるからです。一方の「株式るいとう」は1銘柄1万円以上でないと契約できません。つまり、ワンコイン積立を使えば、同時にたくさんの銘柄の積立ができるわけです。

ということで、ワンコイン積立を使うことで、分散投資の問題は多少は軽減することは可能です。ただ、根本的な解決になるかというと、ちょっと微妙な部分もあります。

というのも、個人がリスクを下げるために積立てる株式を選ぶのは、簡単な事ではないからです。実は、ただたくさんの株を買っても、リスクを大きく下げることにはならないのです。

例えば、トヨタ自動車とホンダと日産自動車の株を積立てたとしても、リスクはそれ程小さくならないでしょう。なぜかというとこの3社は同じ業種なので、似たような株価の動きをする可能性が大きいのです。

ポートフォリオ理論というのは、簡単に言うと、値動きが異なる金融商品を買うことで価格の変動を小さくしようという考え方です。という事は、どういう組み合わせにすると変動が小さくなるかを考える必要があるわけですね。その意味では上の3社の組み合わせは最悪なわけです。

ただ、この点に関しては、個人ではかなり難しい部分です。勉強したら個人でも考えられないわけでは無いのですけどね。

この問題を回避するのなら、投資信託の積立を選ぶのが賢い選択なのかもしれません。



●最初から読む
お金の積立には色々な商品が利用できる

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。