このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投資信託を積立てるメリット

前のページでは、投資信託は積立が可能であるという説明をしました。ここからは、投資信託を積立てるメリットについて考えていきましょう。銀行預金には無いメリットがあることがおわかりいただけると思います。

多様な商品から選べる

選択肢が多様であるという点が、投資信託積立の大きなメリットの一つです。

銀行で積立をする場合、一般的には定期預金の積立をするしかありません。正確には定期積み金という商品です。

生命保険会社で積立をする場合はもう少し選択肢が多いでしょうか。それでも、多様な選択肢から選ぶという感じにはならないと思います。

生命保険会社の商品だと、おそらく一番多様な選択肢を用意しているのは変額保険でしょう。それでも、数種類のファンドの中から選べるという程度の事しかできません。

一方投資信託を使って投資する場合は、かなり多くの選択肢があります。楽天証券やSBI証券のような投信の取扱が多い証券会社の場合、千本以上の投資信託から積立て対象を選ぶことが出来るのです。

このことは、間違いなく、投資信託の大きなメリットと言えます。もちろん、種類が多ければいいというものではありませんけどね。選択肢がないよりはよほど良いのは明らかです。

ただ、選択肢を増やすには、投資信託の積立をする金融機関の選び方が重要になります。というのも、積立可能な投資信託の本数は、金融機関によって全然違うからです。これを書いている時点では、SBI証券は取扱本数が多いようですね。

このあたりの考察については、次のページが参考になると思います。

投資信託の積立は、たくさんの選択肢の中から選ぶことが出来る。ただし、利用する金融機関の選択を間違えなかった場合に限る。

大損する可能性は小さくなる

通常、投資信託を購入するときは、まとまった額を購入することになります。数十万円、数百万円単位で購入する人も多いでしょう。

しかし、こういう購入方法だと、大きく損をすることがあります。
価格が高いときに投資信託を買ってしまい、その後、大きく下がることがあるのです。

しかし、積立にすると高値で投資信託を買う確率を小さくすることができます。

積立なら高いときにも安いときにも買うことになるので、買値が平均されます。ですから、結果的に平均的な価格で買うことが出来るのです。

実は、このこと自体は別段得なわけではありません。買値が平均されるということは、大きく儲ける可能性が小さくなっているともいえるからです。

さらに、購入を遅らせるということは、得られるべき利益を得られないという事でもあります。これはちょっと説明が居るでしょうか。

投資信託というのは、原則的には、時間とともに価格が上がるものだと考えられていますよね。ということは、本来は、できるだけ早く買う方が有利なはずなのです。

しかし積立てるという事になると、投資信託を変えるお金があっても買わないことになります。これは理屈の上では、明らかなマイナスなのです。

まあ、そうは言っても、大きな失敗の可能性を減らせるので、何となく安心だと感じられるメリットは大きいでしょう。リスクは取ってみたいけど、大きな失敗は絶対に嫌だと思っている人には、賢い方法だと思います。

単なる貯蓄だけでなく投資につなげられる

単なる貯蓄だけでなく積立がそのまま投資につなげられるというのも、投信積立のメリットでしょう。

個人の人が資産運用をしようと思った場合、まず貯蓄をすることを考えるのではないでしょうか。一旦貯蓄をし、その資金で投資をしようと考えるのです。

でもそういう方法をとると、お金を貯めている期間は貯蓄しか出来ないことになります。貯めている期間はお金を増やすことが出来ないわけです。

複利の効果を考えると、投資では時間を有効に使うことが大切です。長い時間投資できるようにすることが大事なのです。つまり、少しでも早く始めるのが、資産運用の鉄則と言えるでしょう。

その意味では、すぐに投資できる投資信託の積立は有効な手段といえるでしょう。

投資信託の積立をすると、お金が貯まらない状態でも運用ができる。

インフレ対策になる

インフレというのは、物価が上がることです。物価が上昇するということは、現金や預金の価値が減るという事でもあります。同じお金で買えるものが減ってしまいますからね。

ですから、インフレに対応できる資産を持つことは大事なことです。特に、安倍内閣では積極的なインフレ政策を取っています。十分な成果が出ているとはいいがたい状態ですが、民主党政権のころよりは、明らかにインフレが進んでいます。

具体的に言うと、インフレが起きると、自然に資産も増えるようなケースが望ましいのです。その意味では、投資信託の多くはインフレに強い資産の一つといって良いでしょう。

ちょっと注意が必要なのは、インフレ対策にならない投資信託も存在します。インフレについて意識している場合は、ちゃんとチェックしてから買うようにしましょう。

ちなみに、インフレに一番弱いのは、定額型の生命保険です。生命保険の場合は契約期間が長すぎるのが特に問題です。

銀行預金の積立もインフレに強くないですが、一部の商品ではおまとめという形で定期的に見直しが出来るものもあるようです。生命保険よりは若干マシ化もしれません。まあ、若干マシという程度ですけど。

投資信託の積立の多くは、インフレ対策になる。

金融機関が倒産しても安心

投資信託を利用するするメリットの一つに、金融機関の倒産しても投資信託は守られるという点があります。

例えば銀行だと、おおざっぱに言って、1千万円を超える預金は保護されません。生命保険の場合は、さらに保護の仕組みは貧弱です。

それに対して投資信託というのは、販売している金融機関が倒産しようと、運用会社が倒産しようと、その運用資産に関しては守られているのです。これは意外と知らない人がいるようですね。

何にしても、金融機関の倒産に強いというのは、投資信託のかなり大きなメリットだと考えておいて良いでしょう。

販売会社が倒産しても、運用会社が倒産しても、運用資産は守られる。

デメリットもあります

さて、ここまで見てきたように、投資信託の積立にはかなりのメリットがあります。

しかし、残念なことに、メリットだけというわけには行きません。

次のページではデメリットについてご説明したいと思います。


●続きを読む
投資信託で積立てるデメリット

●最初から読む
お金の積立には色々な商品が利用できる

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。