このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

車に関しての節約を考えよう

車は家計にとっては相当の金食い虫です。取得自体にもお金はかかりますし、持っているだけでも毎月何万円かは必要です。

大きく節約する事を考えた場合、車の扱いをどうするかは避けられないでしょう。場合によっては、思い切って車を持たないという選択も有りうるかもしれません。

車を持たないと決めるだけで、毎月数万円が浮くわけですからね。節約を最優先するなら、そういう決断もあり得るという事です。

車を持たないという思い切った決断も

車を保有するだけで、様々なコストが掛かります。具体的には、自動車税や重量税などの税金、自動車保険の保険料、月々の駐車場代、ガソリン代などです。

月額で平均すると、1ヶ月10万円以上のコストになることもあるでしょう。

本気で節約を考えるなら、車の保有をやめてレンタカーや公共交通の利用に切り替えることも検討すべきです。それだけで、かなりの節約ができるケースもあるでしょう。

もちろん、ライフスタイルによっては、車が無くては生活ができないというケースもありますけどね。週末だけ車に乗るというような人なら、やめるという選択もアリだと思うのです。

車の保有コストを下げる工夫を

自動車を乗らないという選択肢が無いのなら、少しでも保有に関するコストを減らすことが肝心です。保有行ストを減らそうと思った時に、まず考えるのが自動車保険ではないでしょうか。

自動車保険の節約を考えた時に、一番手っ取り早いのが、一括見積を取って保険料を比較することです。インターネットを使うと、同じ条件で価格が安い保険を簡単に調べることができます。

燃費が良い車に乗り換えると、当然ガソリン代を下げることができます。車の利用頻度が高い人は、検討の余地が有りそうです。

ただ、単純にガソリン代だけで考えると、人によっては割高になる人すらいそうです。週末に運転するくらいの人だと、敢えてハイブリッドは選ばない方が賢いのかもしれません。

車を高く売るのも重要な視点

車というのは、数年に1度のペースで乗り換えるものです。という事は、廃車にでもしない限り、数年に1度のペースで自分の車を売る機会があることになります。

次の車を買う原資に充てるために、少しでも車は高く売りたいものです。複数の中古車業者に競わせるのが得策でしょう。

車の中には、高く買い取ってもらえる車とそうでない車があります。同じ年数使っても、車種によって買取価格は全然違うのです。

車を買うときには、数年後にいくらで売れるかまで考慮したうえで購入するといいかもしれません。まあ、車を買うときは、あまり売却するときのことは考えていないでしょうけどね。

新車を買うときは、買取価格も考慮して考えるのが大事でした。中古車を買うときは、廃車費用まで考慮して買いましょう。安さにつられすぎない事も必要です。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。