このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

車は購入価格だけで考えてはいけない

車の取得コストを安くすることを考えるとき、安い車を買う事を考える人が多いと思います。もちろん、安く買うと言うのは、基本的には正しい考え方だと思います。でも、それだけでは不十分かもしれません。

自動車に関して言うと、いくらで売却できるかと言うのも、意外と重要になってきます。こういう点を、事前に検討しておく必要がありそうです。

比較的価格が高い外車でも、取得価格と売却価格の差額で考えたら、それほどのコストではない可能性も大きいのです。例えば、400万円で買っても200万円で売れたら、実質的な取得費用は200万で済んだことになりますよね。

もちろん、ここまで高く売れる可能性がある車は多くありません。しかも、短い期間で売らないといけないでしょうけどね。

買取価格も考えて車は買う

車の買取価格は、人気によって全然違います。例えばいわゆる高級外車は、中古車として買い取ってもらうときにも高値で買い取ってもらえる確率が高いそうです。車の購入コストを考えるときには、この点にまで踏み込んで考える必要があります。

具体的に考えてみましょう。

300万円で買った車が150万円で売れたとします。このケースでは、実際の車取得にかかった費用は150万円と考えられますよね。

別の200万円で購入した国産車が50万円で売れたとします。この場合も、正味の取得費用は150万円と考えられます。

どちらを買っても、車取得にかかったコストは結果的に変わらないことになります。もちろん、使用した期間や走行距離などの条件は同じにして考える必要はありますけどね。

何にしても、取得価格と売却価格の差額と言う視点を持つようにしましょう。

買取価格を意識して車を買おう

車を購入する時に、中古車として買い取ってもらうことまで考慮することは大事なことです。インターネットを使って調べれば、どういう車が高く買い取ってもらえるかという情報を得るのは難しくありません。事前にチェックしておく価値のある情報だと思いますよ。

もっとも、買取価格の相場を調べるって、意外と難しいですけど。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。