このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ペイオフに対する誤った反応

初のペイオフ適用が決まった日本振興銀行で、ペイオフの保護対象にならない人の状況がわかりました。

保護対象外の人数が3423人で、110億円がペイオフで保護されません。

この人たちは、とりあえず預金1,000万円は保護されますが、それ以上は返ってくるか返ってこないかわからないわけです。

一人当たり300万円程度ですから、それほど大きい数字ではないですね。

もちろん、中には数千万円という人もいるでしょうけど。

■ 保護対象外は3423人の110億円=振興銀預金の名寄せ終了-預保機構
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010091200069

誤った反応をする人たち

ところで、このニュースについて、あまりよく分かっていない人も多いようです。

Yahoo!ニュースのコメント欄を見ると、見当違いな怒り方をしている人がいます。

不当なことに怒るのは悪いことだと思いませんが、ちゃんと理解した上でないとみっともないですよ。

保護される預金の払戻資金の原資などとして、振興銀などに約6000億円を上限とした貸し付けを決定した・・・・・・

貸し付けた6000億円は返ってくるのですか、破産した銀行なのに??

貸し付けたお金は預金者の解約に応じるための費用です。

銀行を延命させるわけでは有りません。

全部が返って来るわけではないでしょうけどね。

なぜ助ける?こんなに銀行いらないよ!

破産させるんだって。

預金をしていた人には、悪いが、救済する必要はないだろう。この低金利の時代に高金利を、している方がおかしい?
預金者も銀行を選ばないといけない時代です

そこまでは救済するって法律で決まっているんだって。

法治国家なんだから、助けるなといっても無理。

hiy・・・さんの言う通り
天下りの私財押さ預金者に戻せ 零細企業の100万や200万の貸付渋るくせに何が6000億も即刻貸付?
バカバカしい限り

預金者保護の原資だって。

返金の原資が無いと、その後の処理をどうするにしてもパニックだよ。

取り付け騒ぎが起きる。

それだけ出す気があるなら
ペイオフやるなよ。
これじゃ中小企業と個人は
切り捨てだよ。
大銀行、大企業には巨額の公的資金を
投入するくせに。

お金を出すのはパニック回避のために仕方が無いでしょ。

中小企業と個人を切捨てっていうけど、ペイオフは常識として知っているべきだと思うけど。

預金規模によって対応が変わるんはアンフェアだと思うけどね。

預金者に知らせず、いきなり破綻して高額預金者の支払いがすぐに出来ないなんて個人の財産を意図的に押さえているのと同じ。
こんなやり方ははっきり言ってインチキ!!
こんなやり方をする銀行が破綻するのは当然の結果だね。

事前に破綻しますという情報が出回ったらパニックが起きるでしょ。

事前連絡なんて出来るわけがない。

貸し付けって、踏み倒され確実だろ。

破産処理だから、全額はかえってこない可能性は高いよ。

でも、そもそも、そのための保険機構なの。

保険ってそういうものでしょ。

そうなってもいいように銀行は保険金を払っているの。


大体こんなところでしょうか。

正当な怒りはともかくとして、勘違いでの逆切れはみっともないですよ。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。