このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

車を持つことで、どの程度のコストがかかっている?

車の保有をやめて節約できるかを考えています。

車の保有をやめて節約できるかを考えています。さて、ここまでの様々なお金が毎年どの程度かかるか見てきました。

これらの料金を足し合わせると、車を持つことの年間コストが計算できます。これらのコストの合計と、車を持たず公共交通機関やタクシー、レンタカーを使った場合のコストを比較してみましょう。

車の保有ホストの方がタクシーなどを使った場合の費用より大きければ、車の所有をやめるというのも一つの選択肢となってきます。おそらく多くの人は、車を持たない方がかなり経済的にはお得であるという結論に達するでしょう。

そういう人は、思い切って車を処分してしまう事を考えても良いと思います。あるいは、複数台の車を持っているのなら、一台減らすとかね。

都会暮らしで通勤に車を使わない人の場合

ここまで都会暮らしで通勤に車を使わない人を例として金額を示してきました。それらの金額を足し合わせて、1年あたりの自動車にかかるコストを計算してみましょう。

 20万円(自動車本体のコスト)
+24万円(駐車場代)
+5万円(ガソリン代)
+10万円(自動車保険の保険料)
+6万円(車検+税)
─────────────────
=65万円

ということで、今回の仮定の下では、年間65万円を自動車に使っていることになります。一ヶ月あたりに直すと、約5.4万円の出費です。逆に言うと、車の保有をやめてしまうことで、この5.4万円は節約可能であるという事ですね。

ちなみに金額の想定が難しいので、今回は車検の費用を含んでいません。それを入れると、さらに大きなコストが掛かっている事になります。また全体的に、少し低めの金額になるように計算しています。これは、あまりコストをかけていない人でも、結構な金額になることを知ってもらうためです。

常識的に考えて、都会暮らしをする人で、一か月の交通費がこんなにかかることってないですよね。毎日タクシーでも使っていれば別ですけどね。

それに、上で計算した費用は、出先でかかる駐車場代は含んでいません。という事は、その分を考慮に入れれば、タクシー移動でもそれほどコストは大きく違わない可能性もありそうです。

完全に車の保有を止めてしまって公共交通機関を使うことにすれば、かなりの節約になることがわかっていただけるでしょう。自分のケースで試算してみることをお勧めします。

休日などでどうしても車に乗りたいときや、レンタカーを借りるという手もありますしね。大きな買い物をしたいときには、レンタカーでもタクシーでもいいですし。

自分の生活に置き換えて、「公共交通機関+タクシー+レンタカー」で検討してみてはいかがでしょうか。車の利用をやめるという選択肢も見えてくるはずです。

車の保有をやめるとどのくらい節約できる?【一覧】

車の保有をやめることで節約が出来るかも
車の購入代金の1年あたりの額を計算しよう
年間の駐車場代金を計算しよう
年間のガソリン代を計算しよう
自動車保険の保険料の平均は?
自動車を保有するとかかる車検費用と税
車を持つことで、どの程度のコストがかかっている?

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。