このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自動車保険の保険料の平均は?

自動車保険の平均に関しては、次のページをご覧ください。

最近の統計をもとに、平均を計算しなおしました。ふさわしい統計調査が見つかったので、以前のものよりより正確な平均値が求められていますよ。


◆◆◆自動車保険は簡単に見直せる、節約できる◆◆◆


車の保有をやめて節約できるかを考えています。

自動車保有のコストとして、ここまで、車自体のコスト、駐車場代、ガソリン代などについて見てきました。このほかに、自動車を持つコストとして大きいものとして、自動車保険も有ります。

ここでは自動車保険について考えてみましょう。

自動車保険の保険料は、契約によってかなりの差が有ります。例えば、車両保険の有無といった補償の内容でも保険料は全然違います。

さらには、あるいは運転する人の年齢、ゴールド免許か否か、車の種類、車の利用状況などでも違いますね。さらには、利用する保険会社によっても保険料は違ってきます。

ですから、一口に自動車保険といっても、保険料の幅はかなり大きいのです。何倍も違う事もあります。具体的には、2万円程度という人も入れば、20万円を超えるような人までいるわけです。

車に乗り続けると言う選択をするのなら、自動車保険の保険料を引下げる工夫をしても良いでしょう。

自動車保険の保険料

さて、自動車保険にはかなりの幅がありますが、一応平均的な保険料をだすこともできます。ちなみに、平均と言うことで考えると、1年間でおよそ10万円程度なのだそうです。

詳しくは次のページをご覧下さい。

http://money.jp.msn.com/insure/columns/Columnarticle.aspx?ac=1024&cc=06&nt=06

特に保険料が高い人が存在することで、保険料の平均は引き上げられていると考えられます。ですから中央値で考えると、もう少し低そうですけどね。とりあえず、平均値の10万円として覚えておきましょう。

●自動車保険の保険料は年間10万円

自動車保険の保険料はかなり高い

年間10万円の費用が掛かるとなると、自動車保険の保険料はかなり大きなコストであることが分かります。年間のガソリン代よりも自動車保険の保険料の方が高いという人もいることでしょう。

ただ、上にも書いたように、見直しをすることでかなり安くできる可能性もあります。車の保有を続けるのであれば、車両保険と保険会社選びはこだわってみてもいいかもしれません。

税金や車検などの費用

さて、車に関するコストに関して、車本体、ガソリン代、駐車場代、自動車保険について見てきました。このほかの費用で大きいのは車検の費用と税金です。

これで大きな費用は大体網羅されていると思います。

車の保有をやめるとどのくらい節約できる?【一覧】

車の保有をやめることで節約が出来るかも
車の購入代金の1年あたりの額を計算しよう
年間の駐車場代金を計算しよう
年間のガソリン代を計算しよう
自動車保険の保険料の平均は?
自動車を保有するとかかる車検費用と税
車を持つことで、どの程度のコストがかかっている?

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。