このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

車の保有をやめることで節約が出来るかも

車を持っているのはコストがかかります。ただ、実際に年間どの程度かかるのか正確に把握している人は少ないのが現実でしょう。

この車に関するコストは正確に把握しておいたほうが良いと思うのです。なぜなら、車の保有というのは、かなり高くつく可能性があるからです。

家計の収入に対してあまりにも高コストだと言うことになれば、自動車の保有をやめるという選択肢も有り得るでしょう。保有をやめないまでも、車に関して何か節約しなければいけないという判断も出来るはずです。

もちろん、地域によっては車は必須と言うこともあるでしょう。車が無いと通勤や通学に支障をきたすという事は、地方都市なら十分にあり得ますからね。

しかし都会で暮らす人の場合、通常は何らかの代替手段があるはずです。あまりに高コストだと言うことになれば、車を使わなくたって何とかなるわけです。

例えば都会暮らしの場合、通勤などに車を使う人を除けば、一般には車を保有するよりタクシーを使った方が安上がりでしょう。このことは、車にかかる費用を積み上げていけば、正しいことが簡単に分かります。

実際、ちょっと考えただけでも、車に関する費用を挙げるのは簡単です。具体的には、車の購入費や駐車場代、車検の費用、ガソリン代、車関係の税金、などの項目が簡単に挙がりますよね。あ、そういえば、自動車保険も結構なコストですね。これらのコストはそれぞれ、年間で数万円から数十万円にものぼります。

それと比べたら、タクシーやカーシェアー、レンタカー、公共の交通機関の方が安くつくはずです。代替え手段を使うことで、大幅に支出を抑制できるわけです。都会なら、代替え手段もたくさんありますしね。

まずは現状の把握を

その検討をするための第一歩は、実際にどの程度のコストがかかっているかを知ることです。まずはここからはじめましょう。

上に挙げたような費用を積み上げて、ある程度正確な額を把握するのです。実際に車をやめるという結論に至らなくても、コストを把握しておくのは意味のあることです。今後の節約にも活かせますから。

車の保有をやめるとどのくらい節約できる?【一覧】

次ページ:車の購入代金の1年あたりの額を計算しよう

実際にどの程度のコストがかかるのか、計算して見ましょう。まず最初に計算するのは、1年あたりの車本体の費用です。

おそらく、この費用が一番大きいと考えている人が多いのではないでしょうか。ただ、具体的にコストを計算してみると、トータルで見ると駐車場代の方がかかるという人も少なくないでしょうけどね。それにしても、車の購入費用が大きな負担であることには変わりはありません。

車は数年に一度程度購入するものではありません。ただ、コストとして考えるときは、1年ごとの費用として考えるのがポイントです。

年間の駐車場代金を計算しよう
年間のガソリン代を計算しよう
自動車保険の保険料の平均は?
自動車を保有するとかかる車検費用と税
車を持つことで、どの程度のコストがかかっている?

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。