このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ペイオフ初適用 貧乏くじを引くのは4,000人

日本振興銀行が破綻する見通しのようです。

そして、ペイオフ解禁後、初のペイオフ適用ケースとなりそうだということです。

ペイオフ、初の発動 振興銀きょう破綻申請
債務超過1500億円

ペイオフというのは、元本1,000万円までとその利息は保護されるという仕組みですね。

逆に言うと、それ以上は保護されません。

つまり、日本振興銀行に1,000万円以上の預金を預けている人は、お金が全額戻ってこない可能性が高いということですね。

で、記事によると、「1000万円を超えるお金を預けている預金者は4000人程度」とあります。

ということは、4,000人はお金が返ってこない可能性があるわけですね。

これは全部個人なのでしょうか?

法人の口座も有るのかなあ?

ペイオフは知っていははずなんですけど

当然、預金者はペイオフのことはご存知だったはずです。

そのリスクをどう考えていたのでしょうか?

確かに、日本振興銀行は金利が高い事で知られていました。

他行に比べて圧倒的に高かったですね。

ですから、そこにお金を置いておきたい気持ちはわからないではありません。

でも、ペイオフのリスクを考えたら、1千万円でやめておくべきだったと思うんですけど。

信用度を考えれば、倒産は全く予想できなかったわけではありませんし。

倒産のリスクをとるくらいなら、1千万円を超過する分は、国債を買った方がまだマシですよね。

リスク管理というのは大事です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。