このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

満足感はお金で買えるが、それでは幸せにはなれない

収入と幸福感に関する調査がアメリカであったそうです。

その調査によると、収入が増えると幸福感は増していくものの、75,000ドルあたりを境に横ばいになるのだそうです。

日本円で言うと、年収で650万円以上の収入があれば、1千万円稼ごうが2千万円稼ごうが、幸福感には大きな違いは無いということですね。

その一方で暮らしに対する満足度は、収入が増えるのにつれて増えていったのだそうです。

個人的には、自分の感覚と一致する結果だと思うのですが、あなたはどう感じたでしょうか?

収入が少ない家庭は幸せではない確率が高いでしょう

収入が少ない家庭だと、お金がないことによるトラブルも多そうです。

そのことが元で、ギスギスした生活になる可能性も高いでしょう。

お金がないから車を買えないとか、子供を塾にやれないとか、旅行にいけないとか、トラブルの種はいくつもありますよね。

必ず不幸だとは言いませんが、不幸である確率が高いのは事実でしょう。

一定水準までは、「収入増=幸せ」となる可能性が高い

でも、ある一定以上の収入があれば、こういうことは起こりません。

高級車は無理でも安い車なら買えるでしょうし、塾にも何とかやれるでしょうし、近場なら海外旅行もいけます。

研究で出てきた75,000ドルと言う数字は、ある程度お金に困らないで何でも出来る数字なのでしょう。

家族関係も、お金のことで、それほどギスギスしないで家っていけるのだと思います。

だから、このレベルになるまでは、収入増が幸福感のアップにつながるのは納得できます。

一定以上の収入の人は、お金以外から幸福を探さないといけない

ただ最低限のものが満たされれば、幸福感はお金以外の部分で満たさないといけません。

そこから先の部分は、お金は関係ないという結果になるわけです。

好きな趣味を持つとか、家族との関係を良くするとか言うことなのでしょうか。

満足感は幸福感とは別なんだね

一方で、年収が高くなれば満足感が上がると言う結果も出ています。

つまり、満足感は幸福感とは別の感情なのですね。

購入できる車のグレードが高いとか、旅行のときに高級ホテルに泊まれるとか、社会的な地位が高いとか、こういったものはお金で買うことが出来ます。

こういう事を自由に出来ることが満足感の高さにつながりそうです。

年収650万円の人と2,000万円の人だと乗っている車は違うでしょう。

旅行のときのホテルのグレードも違うと思います。

行き先がアジアかヨーロッパかといった違いもありそうですね。

また、年収が高け人は、既に社会的地位が高い可能性も高いです。

こう考えると、確かに年収が高ければ、満足感は得られそうです。

でも、それでは幸せに離れないと言うのが研究の結果なのでしょう。

まあ、研究の詳細を見ていないから、これ以上はなんとも言えませんけど。

何にしても、示唆的な研究だとは思います。

■ カネで買えぬ?幸福感、年収7・5万ドルで頭打ち
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100907-00000496-yom-sci

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。