このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自動車保険を見直すと簡単に節約できる

手っ取り早く節約する方法の一つに、自動車保険の見直しがあります。

自動車を買ったら、ほとんどの方が任意保険に入ることでしょう。ですから、車を持っている人なら、すべての人に利用可能な方法という事が出来そうです。

一括見積もりサービスを使えば簡単

自動車保険の見直しと言うと、何かとても大変な感じがしませんか?

もちろん、契約内容を細かく色々見直すには、自動車保険に関してかなりの知識が必要でしょう。どの補償が必要で、どの補償が不要かを、見極めないといけませんから。

しかし、専門的な知識が無くても、簡単に見直しができる部分も存在します。現在と同じ補償で契約した場合、どの保険会社を利用すると保険料が安いのかという比較ならすぐできてしまいます。自動車保険の一括見積もりサイトを使えばいいのです。

自動車保険の一括見積もりサイトとは

インターネットには、損害保険各社に自動車保険の見積もりを依頼できるサービスがあります。これらのサービスを使うと、一括で損害保険各社の見積もりを取ることができるのです。

一回のデータ入力で全社に簡単に依頼出来てしまうので、手元に資料さえそろっていれば、非常に簡単です。せいぜい10分もあれば終わってしまいます。

一般的には、複数の損害保険会社に個々に見積もりを依頼しようと思うと、かなり大変ですよね。それが10分程度で済んでしまうのです。大変便利なサービスだと思います。

また、基本的には同じ補償内容で比べられるので、比較もしやすいと思います。同じ補償で比べているので、見積もりを取った後には、見積もりを取った保険会社の中から価格面で納得できて信頼そうな会社の保険に入れば良いわけです。

どんな会社に見積もり依頼を出すの

自動車保険の一括見積もりは、どんな保険会社に見積もり依頼を出すのでしょうか?

例えば、保険スクエアbang!の場合は、次の17社から見積価格を送ってもらうことが出来ます。

[東京海上日動][日本興亜損保][富士火災][三井住友海上][三井ダイレクト損保][あいおい損保][アクサダイレクト損保][アメリカンホーム・ダイレクト][イーデザイン損保][AIU][SBI損保][共栄火災][セコム損保][ゼネラリ][ソニー損保][そんぽ24][チューリッヒ]

これを書いている時点の情報なので、最新のものはウェブサイトで確認してください。

国内の大手損保も、価格が安いことが期待できる外資系もそろっている印象ですね。これだけ沢山の会社の見積もり額が分かれば、自動車保険の保険料を下げられる可能性が高そうです。

ちなみに、保険スクエアbang! を運営しえいるのは株式会社ウェブクルーと言う会社です。東証に上場している会社なので、それなりに信頼できる会社と言って良いでしょう。

新車を購入した人や、自動車保険の更新時期を迎えている人は、ぜひチェックしてみてください。


●自動車保険の一括見積もりサービス

さらに大幅に保険料の節約をしたい場合は

一括見積だけでなく、さらに大幅に保険料を削りたい場合は、個々の補償が必要かどうかを点検していくことになります。ただ、個々の補償を見直すには、率直に言ってかなりの知識が必要になるでしょう。

自動車保険の契約は毎年の事なので、時間をかけて勉強する価値はあるのではないかと思います。ただ、全部を理解しようと思うと、ちょっと腰が引けるのも事実でしょう。

自動車保険に関して勉強をしようという人は、とりあえず、車両保険が必要かどうかだけでも判断できるようになるといいかもしれません。車両保険というのは、事故を起こした時の修理費用を支払うという補償ですね。

車両保険に関しては、つけていない契約者も多いです。これは、必要性が小さい事の裏返しと言っても良いでしょう。実際車両保険は、必要性が小さい人も多いのではないかと思います。

また、車両保険にはいくつかのタイプが存在します。あるいは、免責というものを付けることも可能です。

仮に車両保険の補償を付けることにしても、タイプを変えたり免責を付けたりすることで、保険料を大幅に削ることが出来る可能性が大きいでしょう。車両保険の補償を必要最低限の部分に絞ることで、保険料の節約をするわけです。

車両保険の見直しでどのくらい安くなるかは人によって違いますが、数万円単位での節約は期待していいはずですよ。毎年数万円保険料が安くなると思うと、かなりの差を生みそうですね。

顧客満足度にもこだわろう

自動車保険の見直しでは価格も大事ですが、負けないくらい大事なものがあります。それは、顧客満足度です。

oricon life というサイトに自動車保険の顧客満足度が紹介されていました。
上位は次のようでした。このデータもご参考の上、自動車保険を選びなおしていただければと思います。

1位 チューリッヒ保険
2位 ソニー損保
3位 三井ダイレクト損保
4位 全労済
5位 アクサ損害保険
6位 アメリカンホーム・ダイレクト

なぜ顧客満足度が大事なの?

実は、顧客満足度は、自動車保険を選ぶ上で非常に大事なポイントです。というのも、自動車保険の場合、万が一事故が起きると保険会社の関与が大きいのです。

特に事故後の対応は保険会社に任せるしかないですよね。

これは生命保険と大きく違う点です。生命保険の場合は、自分で必要な資料を集めて保険会社に送るだけです。

生保の場合は、自動車保険のように相手がいないのでとても簡単なのです。誰かが入院したとか、誰かが亡くなったとか、本人と家族の問題ですよね。また、客観的に見て保険事故が起こったかどうか、簡単に判断できます。

ということで、自動車保険の場合は、顧客満足度にもこだわるようにしたいものです。

一番お得な自動車保険を選ぼう

自動車を持っている人なら、必ず入らないといけない自動車保険。 あなたはどのように保険会社を選んでいるでしょうか?

保険料は結構違うようです

どの会社も同じような商品を扱っているのだから、価格も大体同じだろうと考える人は多いようです。 しかし、それは間違いです。

自動車保険の保障内容は同じでも、保険料は結構違うんです。 というのも、どのようなドライバーからどのくらい保険料を取るかというのは、保険会社によって異なるんですね。

たとえば、ゴールド免許だったらどの程度保険料を減らしましょうとか、週末しか運転しない人はどのくらい割引しましょうとかいった感じです。つまり、ある保険会社だと保険料が高かった人も、違う保険会社ならそこまで高くないこともあるわけです。

また、保険には付加保険料と言って、会社の手数料や利益として上乗せされる部分があります。これも保険会社によって結構違うのです。

一社一社見積もりを取るのは無理なので

実際にどの保険会社を利用するのが一番お得なのかを確かめるためには、各社の自動車保険の見積もりを一社一社取ってみるのが確実です。

でも、それはちょっと面倒ですよね。

インターネットで損保各社のホームページに行き、自分の情報を入力し保険料を調べるわけです。 二つ目くらいには嫌になっていそうですね。

インターネットが面倒という人は、電話でも見積もりは取れます。 でも、電話で見積もりを取っても、手間としては大体似たようなものですよね。

そこで便利なのが、このページで紹介している一括見積というわけです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。