このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株式の積立と投資信託の積立に便利な証券会社

長期的な視野で資産を築こうと考えている場合、積立を使うのが一番確実です。毎月自動的にお金がたまっていくので、放っておいてもある程度の資産を作ることが出来ます。

具体的にどんな金融商品を積立てるかですが、投資信託や株式を選ぶのが良いでしょう。単純に貯めるだけでなく、増やすこともできるからです。投資信託を使えば、リスクのコントロールも可能ですしね。

そこで問題になるのが、どんな証券会社を使うと、積立がしやすいのかという点でしょう。その点に関して、チェックしてみましょう。

株式や投資信託を積立てよう

株式や投資信託を使って個人が資産形成をする場合は、積立を活用するのが効果的です。その理由は2つあります。

■ スタートしやすい

まず積立なら、小額から投資を始めることが出来ます。今貯えが無い人でも、月々1万円とか2万円から資産を作ることが出来るわけですね。これならとても始めやすいと思いませんか。

■ 自動的にお金が貯まっていく

積立を使うことで、自動的にお金が貯まっていきます。これは、意思があまり強くない人にはいい方法だと思いませんか。毎月一定額を節約し、コツコツ貯めていくなんて言う事は、とんでもなく意志が強い人以外にはなかなか難しいものですからね。

さて、積立投資を始めようと思ったときに、まずしないといけないのは証券会社の口座を作ることです。ただ、どの証券会社でも良いというわけではありません。積立に向いた証券会社を選ぶ必要があるのです。

補足:ドルコスト平均法は間違い

積立のメリットに関してちょっと補足をしておきましょう。積立のメリットというと、リスクを小さくできるという事を言う人がいるようです。こうした考えを、ドルコスト平均法と言います。

例えば毎月一定額、株式を積み立てたとします。一定額の積立てなので、株価が高い時にはあまりたくさんの株数を変えず、株価が安い時に多くの株数が買えることになります。ですから、平均して考えると、株価が安い時に積極的に株を買っているのと同じことになるとも言えそうです。こうした性質があるので、積立にするとリスクが小さくなると考える人もいるわけです。

しかし、実際には、積立にはリスクを小さくする効果はありません。説明は省略しますが、積立にしてもリスクとリターンは変わらないと考えるべきなのです。

ただ、ドルコスト平均法が有利ではないとしても、積立は貯蓄をする上では有効な方法ですけどね。

積立投資をするのなら証券会社選びが大事

さて、それでは、株式と投資信託の積立に向いた証券会社について考えてみましょう。

積立投資をするときに大事なのが、どの証券会社を選ぶかということです。証券会社なんてどこでも同じだとお考えの人も多いとは思いますが、決してそうではありません。

そもそも販売している商品が違うことも多いです。一部の証券会社では、投資信託の扱いがほとんど無いこともあります。ネット証券だと、株式の取り扱いをしているのは、ごく一部に限られます。

そして、仮に同じような商品を扱っていても、提供しているサービス内容は結構異なるのです。

具体的に言うと、次の点に注意する必要があります。

①積立に対応している投資信託の本数

まず大事なのが、積立が出来る商品がどの程度あるかという点です。

証券会社で積立商品を利用す場合、投資信託の積立をするのが一般的でしょう。ただ積立てることができる投資信託の数は、証券会社によって大きく異なります。

大げさでもなんでもなく2桁くらい違うことがあるのです。そもそも全く投資信託の積立てに対応していない金融機関もあれば、何百本単位で積立可能な投資信託を用意しているところもあります。

②株式の積立ができるのか

投資信託の他に積立てることができるリスク商品が株式です。A社の株を毎月2万円というような形で、積立てることができるのです。株式の積立は「株式るいとう」と呼ばれています。

この「株式るいとう」は、投資信託の積立て以上に取り扱う証券会社が限られています。証券会社を選ぶときには注意が必要です。株式の積立をしたくて口座を作ったのに、積立が出来なかったなんて間抜けな事にもなりかねません。

③手数料

積立投資では、手数料にも気を配る必要があります。投資信託の買付をすると、販売手数料という手数料を取られます。この販売手数料は全く同じ投資信託でも証券会社によって違うことが珍しくありません。

実際の投資信託の積立ででは、毎回の手数料は大きくても2%とか3%程度という事が多いです。月々1万円の積立なら、200円とか300円程度いうことですね。しかし、何年にもわたって積立てる事を考えると、結構馬鹿にならない額になります。

また、現在の銀行預金金利を考えると、数パーセントという手数料はとても高いものという言い方も出来ます。ですから、販売手数料には徹底的にこだわるべきでしょう。

株式の積立である「株式るいとう」の場合は、さらに大きな違いが有ります。

毎回の株式購入にかかる手数料が各社異なる上に、多くの証券会社ではるいとう用の口座を持っていると年間3,000円の手数料を取られる事があるのです。1

これも長期で考えると、かなりの額になると思って良いでしょう。

④小額から投資ができること

投資信託や株式を積立てる場合、一つの銘柄につき月々1万円からというのが一般的です。しかし、月々1万円というのは、多くの個人投資家にとっては厳しい数字と言って良いでしょう。

多くの個人投資家にとって、毎月の積立額は5万円以下でしょう。せいぜい2万円とか3万円という人が多いと思います。

ということは、一つの金融商品について毎月1万円からしか投資できないとなると、毎月の投資額が例えば2万円しか無い人は、2つしか選べません。

リスクを減らすためには、分散して投資することが望ましいです。そうなると、2つにしか分散できないというのはちょっと問題なのです。

しかし、一部の証券会社では、一つの金融商品につき500円から投資信託や株式の積み立て投資することができます。こういう証券会社を使うと、毎月2万円とか3万円の予算でも、十分に分散して投資をすることが可能です。

どこの証券会社で積立投資を始める

証券会社を選ぶ基準は見えてきました。それでは、具体的にどんな証券会社を選んだらいいのでしょうか?

少し長くなったので、ページを分けることにしましょう。

次のページに続きます。


  1. 補足:さすがに最近は、この仕組みは廃止しているところが多いようです。証券会社も、以前のような殿様商売は難しくなってきているようです。 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。