このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

債券価格が下落すると、利回りは上昇する?

【問題】

債券価格が下落すると、固定利付債の最終利回りが上昇する。

○か×か?


FP技能士では債権投資に対する基礎知識を問う問題も頻繁に出題されます。特に、債券価格と利回りの関係は大事なので、理解しておきましょう。これはFPだけでなく、一般の投資家にも大事な金融の知識だと思います。

債券価格と投資家の儲け

債券投資における投資家の利益は、利息の合計と債券を売買したときの差額などを使って計算されます。利息の合計と売買の差額を足したものが投資家の儲けです。利息の合計と売買の差額から、最終的に得られる利益は、トータルでどの程度なのか知りたいわけです。

もう少し具体的にみてみましょう。

95万円で買った債券が、あと5年で100万円で償還されるとします。そして、年間に2万円の利息が付くとしましょう。

償還まで所有したとき、このとき投資家の儲けは、どうなるでしょう?

2万円の利息が5年分もらえるので、利息の収入が10万円あります。そして、95万円で買って、100万円で売れるので、売買差益が5万円あることになります。ということは、この投資では、15万円の儲けがあることがわかります。

こんなふうな計算をして、どのくらい儲かるかを考えるのです。

利益から利回りを計算

さて、どのくらい効率的に儲けられたかを知るためには、利回りを求める必要があります。これは投資期間と投資額と儲けがわかっていれば、簡単に計算することが出来ます。具体的に言うと、「利回り=利益÷(投資期間×投資額)」で計算できます。

上で挙げた例の場合は、「利回り=15万円÷(5年×95万円)≒3.16%」となります。

ちなみに、償還まで所有した場合の利回りを最終利回りと言います。

問題に戻りましょう

さて、この問題では債券価格が下がった場合の利回りが問われています。

固定利付債券というのは、定期的に一定額の利息が支払われると言う意味です。要するに、上で例に挙げて計算したタイプの債券です。

債券価格が下がると言うことは、先ほどの「利回り=利益÷(投資期間×投資額)」の式で投資額が下がると言う事を意味します。また、発行済み債券の償還価格と利息、投資期間は特に変化しません。

分数の分子にある数字が小さくなれば、計算結果は大きくなるので、最終利回りは上昇することがわかります。

といことは、問題文の通りですので、「○」が正解で良いでしょう。

大事な知識なので覚えておきましょう

債券の利回りがどうなるのかは、投資判断をするときに大事な知識です。

難しい計算ではないので、債権投資をする人は自分で出来るようになっておく方がいいでしょうね。

債券価格とは?一体何を指してる?

ところで、ここで出てきた「債券価格」というのは、具体的に何を指しているのでしょうか。

投資関連の書籍などを読んでいると、「債券価格」という用語が使われている事があります。例えば、「金利が上がると債券価格が下がる」というような使われ方ですね。

でも、この債券価格という用語って、かなりフワッとした感じです。よく考えてみると、具体的に何の価格を指しているのか、今ひとつ判然としないんですよね。一見するとなんでも無い言葉ですけど。

「債券価格」は専門用語では無いらしい

そこで色々調べてみましたが、債券価格に関する説明はほとんど見つかりませんでした。当然のように、みんなが知っている語として、特に説明なく使われているケースがほとんどなのです。

厳密な説明が無いということは、債券価格という語は、専門用語とは言えないようです。専門用語だったら、仮に基本的なものでも、用語集や辞書などきっちりとした定義が載っていますからね。

その割には、オフィシャルな文章でも使われている事があるんですよね。例えば、上で紹介したように、FP技能検定のような国家試験でも、特に説明なく「債券価格」という語が使用されています。

「既発債の市場価格」と解するのが正しそうだが

ちなみに、「債券価格」という用語が使われている文脈から類推すると、「既発債の市場価格」の事を債券価格と呼んでいるようです。

既発債というのは、すでに発行されている債券のことです。債券は発行後も、価格が折り合えば売買をすることが可能です。この価格のことを債券価格と呼んでいるようです。

ただ、この表現でも、厳密さは書きます。というのも、額面100円に対する価格なのか、実際に売買した価格を指すのかは、明確にはわかりませんでした。どちらとも取れるような表現が多かったのです。

また、個別の債券についての用語なのか、広く債券全般についての用語なのかも不明確でした。これも、どちらとも取れる表現が多かったです。

とりあえず、厳密な定義があるような専門用語でないのは確実そうです。債券価格という表現を見つけたら、前後の文脈から意味するところを汲み取ってあげる必要がありそうです。あるいは、具体的に何を指しているのか、その言葉を使った人に聞く必要がありそうですね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。