このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投資信託の目論見書やパンフレットの裏表紙を読めるようになろう

【問題】

下記のような公募型の投資信託を想定します。

商品分類
追加型投信/海外/債券
※社団法人投資信託協会の商品分類によります。
課税上の取扱い 株式投資信託
運用の基本方針
海外の公社債に分散投資をしてリスク分散を図ったうえで、ベンチマークとするインデックスを上回る収益の確保を目指します。
当初設定日 平成21年10月29日
信託期間 15年間

このファンドは、主たる投資収益の源泉を、実質的に海外の債券によるものとしている。
○か×か?

投資信託の資料読めますか?

FP2級の学科の問題から引用・改変させていただきました。投資信託の目論見書の読み方に関する問題です。また、投資信託のパンフレットの裏表紙にも似たような記述があることが多いですね。

ちなみにこの問題は、実際は、四者択一の選択肢の一つとして問われています。さて、この資料、ちゃんと読めますか?

ファンドの性格を理解しよう

ファンドの説明の中に、「商品分類 追加型投信/海外/債券」という記述があります。さらに、「海外の公社債に分散投資をしてリスク分散を図ったうえで…」という記述もあります。

この2点から考えると、設問の記述は正しそうですね。ということで、答えは「○」です。この出題自体は、そのまんまですね。

ちなみに、「社団法人投資信託協会の商品分類」の該当部分を引用しておきましょう。

追加型…原則的に、投資信託が運用されている期間中いつでも購入できるもの
海外…主たる投資収益が、実質的に海外の資産を源泉とするもの
債券…主たる投資収益が、実質的に債券を源泉とするもの
http://www.toushin.or.jp/investmenttrust/type/category/

要するに、いつでも購入できる主に海外の債券に投資する投資信託という事ですね。

引っかかる箇所があるとすれば、「追加型」という表現だけでしょうか。投資信託には「追加型」と「単位型」という分類があります。

追加型が上に説明があるように、いつでも買える投資信託という意味ですね。といことは、単位型は買える時期が決まっている投資信託という事です。もっとも最近は、ほとんどが追加型ですけどね。

「主たる投資収益が、実質的に海外の資産を源泉とする」とあるので、日本の資産に投資する外貨建ての債券は基本的に使えないという事も言えそうです。まあ、FP2級の試験では、ここまで考えなくても良いでしょうけど。

投資信託を使って投資する場合は資料を読めた方が良い

当然ですが、投資信託に投資する場合は、資料を読めた方が良いでしょう。例えば、今回の例だと、「課税上の取扱い 株式投資信託」という表現も出てきます。

債券中心の投資信託なのに、株式投資信託って変だと思いませんか。

実は、一部でも株式に投資する可能性があれば、株式投資信託として分類されてしまうのです。それどころか、転換社債のような株式に変わる可能性がある債券を持っていても、株式投資信託と分類されてしまうのです。

それを知らないでこの資料を読むと、混乱する可能性もあるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。