不動産に関するニュースと余談

フラット35が最低金利を更新

長期固定金利型の住宅ローンであるフラット35が最低金利を更新したのだそうです。ちなみに、フラット35は10年ものの国債の金利に連動する商品です。

ここ数ヶ月、物価は確実に上昇しています。物価が上がったのに金利が下がったと言うことは、実質で考えると更なる利下げだと言えるでしょう。

金利だけで考えたら、相当な借り時なのかも知れません。ただ残念なことに、消費税のアップがまっていますけど。

自然災害でローンの半分がチャラになる住宅ローン

三井住友銀行から、地震や津波で家屋が全壊した時に、ローンの半分がチャラになる特約がついた住宅ローンが販売されるようです。でもこの特約、本当に必要なのでしょうか。一見便利な感じもするのですけどね。

この特約が使える条件などを検討してみると、かなり使い勝手が悪い商品のように思います。個人的にはあまり利用しようとは思わないかな。

ピッキング防止用の最近のマンションの鍵は維持費用も高コスト

最近のマンションの鍵は、ピッキング防止のために高機能になっています。しかし、その高機能が原因でトラブルが起こることも多いようです。さらに、維持費用が高くつくことも。

何だか、本末転倒な気がしないではありません。

その他

長期金利にあわせて住宅ローン金利を上げる銀行はけしからんのか?

長期金利の上昇にあわせる形で、銀行が住宅ローン金利を上げるようです。それに対して、Yahoo!ニュースのコメント欄でバッシングのコメントが書き込まれていました。支持も集めていたようです。でも、銀行の住宅ローンって相当な値下げ競争をしてきていましたよね。それを無視してのバッシングは如何なものなのでしょう。

こういう営業姿勢ってどうなのでしょうね│ DMを読ませたいのはわかるけど、逆効果のような…

某不動産会社からDMが届きました。でも、こういうDMってどうなんでしょうねえ。DMを開封した人に不快感を与えるだけのようにも思えます。知名度が低い会社だからこそ取れる作戦なのかもしれませんが。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントをどうぞ